山岡計文 Labo

2009年よりTOP50メンバーの山岡 計文が池原・七色ダムがある下北山村より湖の今をお伝えしていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JB津風呂湖 タックル編

今回のトーナメントにおいてメインとなったのが2種類のサイトフィッシング。

一つはネストのバス狙いで、もう一つは回遊しているビッグバスを狙ったライトリグでのサイト。

ネストに関しては、確実に釣り上げるためにベイトタックルに16ポンドという組み合わせで、極力ミスをなくすことを考えたタックルで。

NCM_0695.jpg

ロッド:テクナPMX610CMHJ
リール:アルファスネオ(K.T.F.チューン)
ライン:東レ プレミアムプラスハイグレード 16ポンド
ルアー:PDLスーパーリビングフィッシュ3インチ ヘビーDS(シンカーは10g)

こちらに関しては、ここ数年トーナメントに必要な時以外はネストの釣りをほぼやっていないので、前日に勘を取り戻すため練習が必要でした(笑)

その後、目標ウェイトの6キロを達成する為、わたしがフラッシングミドストやピクピクとともにサイトの切り札としているリーチの縦刺しDSで回遊しているビッグバスを狙う戦略にチェンジ。

使用したタックルですが、こちらは今年最もバスを釣らしてもらっているお気に入りのセッティング。
NCM_0693.jpg

ロッド:テクナPMX62SULJ
リール:シマノ ヴァンキッシュ2500S
ライン:東レ スーパーハードスーパーフィネス 3ポンド
ルアー:メイプルデプサー(ヨシノボリ) ショートリーダーDS 0.9gシンカー

PMX独特のブレのないシャープさと感度、それにテクナのトルクが合わさることで、ライトラインでも確実にビッグバスの口をとらえ、なおかつしなやかでトルクのあるブランクがバスから主導権を奪い浮かせることができます。

実際、今回の最も大きかった2900gのバスもこのタックルで仕留めましたが、3ポンドラインでも余裕をもってランディングすることができました。

ただ、新しいランディングネットが小さすぎ、バスがはみ出し飛び出しそうになったのには焦りましたが・・・(笑)

よくどうやってスイミングさせているのか聞かれるのですが、私の場合はバスからできるだけ離れたポイントにキャストすることを心がけています。

進行方向のさらに奥にキャストし、そこから泳いでくるバスとルアーが同じレンジでぶつかるようなイメージでスイミングさせています。

重要なのはシェイキングし続けること。

縦刺しにしたリーチが小魚のように微妙にロールしながら泳いでくることで、バスを最後までだまし切ることが重要です。

ただ、非対称な形状のワームを縦刺しにして使用するのは、かなりの違和感があります。

アクションはいいのですが、リギングした時の違和感がどうしても使用するのをためらわせてしまっています。

そこで現在、ティムコと共同で縦刺しリーチの本質を盛り込んだ私が理想とするワームの開発を進めています。

NCM_0700.jpg

何度も仕様を変更しようやく完成に近づきました。

プロトのテスト段階ではありますが、出発点であるROBOリーチよりも縦刺しに関しては圧倒的に釣れるワームとなっています。

Feco認定も取得しエコトーナメントでももちろん使用できますので、皆さんご期待ください。

スポンサーサイト

JB津風呂湖 ジャッカルCUP

第1戦が悪天候の為延期となり、実質的に開幕戦となった今回のJB津風呂湖。

今年は季節の進行が遅く、地元の池原や七色ダムでも1か月近くスポーニングが遅れていたため、もしかするとサイト試合になるかとは予想してタックルを準備していきました。

実際、前日プラクティスでは減水もあり岸際には多くのネストが。

ただ、エレキのみで十分楽しめる規模の津風呂湖においては90名規模のプロ戦となった場合、それだけでは間違いなく優勝することはできません。

その他の可能性を求めてバッテリーがなくなる寸前まで移動を繰り返し、津風呂湖の状態を把握することに勤めました。

NCM_0682.jpg
(前日プラクティスでのグッドサイズ)

そこでわかったことは、まだまだ産卵を終えていないプリスポーンの50~60cmといった大型のバスが数多くいるということ。

前日プラクティスの段階では、バスの活性も異常なほど高く、見えバスの姿も「こんなにも津風呂湖に50UPがいたのか!!」とビックリさせられるような状況。

他の選手もこの日はグッドサイズのバスを釣り上げていたようですし、3本で6キロ釣らなければ優勝には絡めないというのが私の印象でした。

ただ、ここ最近でのプロ戦での経験から、前日の状況はトーナメント当日には激変し釣れなくなるであろうという予測もあり、朝一は確実にキーパーサイズを確保し、その後、回遊するビッグフィッシュを狙いウェイトアップしていく戦略に。

実際、スタートしてから1時間以内にキロアップを2本釣り上げ推定2600g。

そこからは、前日プラで回遊するバスに多く遭遇したポイントを中心に、久々の出会い系サイトを展開。

このトーメンとに勝つためには、守りではなく攻めの試合展開が必要との考えから、ビッグバスに狙いを絞って、釣るというよりは狩りを続けていきました。

その結果、800g・2900g・1600gと3本のバスを追加することができ、2本の入れ替えに成功。

最終的に3本5984gで、ほぼ目標としていた6キロをクリアし優勝することができました。

NCM_0683.jpg


釣り方は、ヘビーDSとショートリーダーのDS。

ネストのバスに対してはPDLスーパーリビングフィッシュ3インチのヘビーDSを。

回遊するビッグバス狙いには、メイプルデプサーを縦刺しにしたショートリーダーDSのスイミングで攻略しました。

私の中で完成したリーチの縦刺しスイミングメソッドが、やはり今回も優勝をもたらせてくれました。

現在、この釣りをさらに進化させるためにティムコと共同で新しいワームを開発中です。

プロトの段階で既にROBOリーチを圧倒する釣果をたたき出していますので、是非ご期待ください。

もちろんFeco対応のワームとしてリリースする予定です。

少し長くなりましたので、次回はタックルや釣り方に焦点を当ててご紹介していければと考えています。



JB津風呂湖 第4戦

少し遅れましたが、JB津風呂湖 最終戦を振り返ってみたいと思います。

台風の影響により順延となっていた為、変則的に土曜日開催となった今回のトーナメント。

前日プラでは、本命と思われていた入野の上流部のポイントに多くの選手の姿が。

私も少しチェックしてみましたが、周りの選手にケチョンケチョンにやられてしまい確信がつかめずに終了(笑)

その後、もう一つのBW、香束筋まで大移動しキーパーを2本。

正直、この2か所でしかバスを確認できなかった為、トーナメント当日は消去法で香束筋上流部を選択しました。

一番フライトなのに、途中で追い抜かれるのが腹立たしかったというのが本音ですが・・・

思っていたポイントに入れたので、そこからは忍耐のDS。

実は、一か所で粘り切り、リミットをそろえるというのが一番苦手なワタクシ。

今回は苦手を克服するため、あえて船団に挑む展開に挑戦しました。

そんな考えですから、やはりウェイトは伸び悩み、3本で814g。

NCM_0361.jpg

奇跡のキロフィッシュ頼みな展開ですから、ウェインしても負け試合モード。

それがまさかこんな展開になるとは・・・。

10410_20121020_142507.jpg

まさかの優勝です。

津風呂湖の怖さをあらためて実感しました(笑)

これで来年も出場せざるをえなくなってしまいました。

来年もJB津風呂&TOP50に参戦しますので、皆様よろしくお願いします。


使用タックル

ロッド:S-TAV61SLJ
リール:シマノ ヴァンキッシュ2500S
ライン:東レ スーパーハードスーパーフィネス 2.5ポンド
ルアー:アップラッシュ3.5インチ 1.8gDS

ロッド:TAV-GP65CLJ
リール:アルファスフィネスカスタム K.T.F.チューン
ライン:東レ ベイトキャスティングフィネス 7ポンド
ルアー:PDL ミニラバBFS 2.7g

JB津風呂 第2戦

春の進行が遅いといわれる今年。

今回の津風呂湖もミッドスポーンとアフタースポーンが入り混じる状況でした。

前日プラクティスの感触は、圧倒的にミッドスポーンの個体が多く感じられ、フィーディングしているアフターのバスは非常に少ない状況。

結果、昨年の初戦もそうでしたが、今回も最近のトーナメントでは珍しいネスト戦となりました。

ざっと見た中で最もメスが大きかったネストからスタート。

しかしながら、3キロほどあったメスは姿をけし、見事に出鼻をくじかれました。

その後何とか2本のオスバスを釣り、アフター狙いにシフトし沖のベイトにつくバスを探しましたが、私が狙っていた下流部ではベイトはいるものの、それを追うバスに巡り合うことができずに撃沈。

プラクティスでは唯一、ステルスペッパー70Sのナチュラルモデルへの反応が良かったため、バックアップパターンとして期待していたのですが、空振りに終わってしまいました。

13400095235800.jpg

2本 2302gで8位。

釣りも中途半端なら、順位も中途半端な結果に。

年間を狙う上ではいい順位につけていますが、やっぱりJB戦は優勝してナンボ!!

残り2試合、勝てるパターンで臨みたいと思います。

JB津風呂 開幕戦

昨日は、私にとって今年初のプロ戦となるJB津風呂湖 第1戦に参加してきました。

前日プラが今年初の津風呂湖ということで、かなり練習&情報不足で迎えるトーナメントとなりました。

前日は、4月だというのに雪が舞い強風が吹き荒れる過酷なコンディション。

まったくバイトもヒントもないまま前日プラクティスは終了しました。

迎えた当日、とりあえず目につく大場所から釣りあがっていこうと大看板前からのスタート。

すると、朝一から津風呂湖の神様は微笑んでくれました。

13339730632350.jpg

ECOスーパーシャッドシェイプのミドストに、ありえないほどお腹がパンパンの40UP

今年初の津風呂バスに思わず雄たけびを上げてしまいました(笑)

写真では一匹ですが、同じポイントでもう一回ドラマが・・・。

魚体が見えるまでは、優勝コメントが頭をよぎりましたが、上がってきた魚は70cmオーバーのスパーレインボー!!

まさかこんなやつが津風呂湖にいたとは・・。

それでこの日の運は使い果たしました。

一本 1886gで終了。

上位陣がとんでもないウェイトを釣っていたのでポイントが取れただけと思っていました。

しかし、運はまだ残っていました!!

6位と6g差で賞金GETです。

20120408180410740.jpg

まったくつかめていないトーナメントでしたが、結果的には賞金圏内に。

春の津風呂に振り回されたトーナメントとなりました。


使用タックル

ロッド:フェンウィック ENG64SULJ(ミッドストローリングスペシャル)

リール:シマノ ヴァンキッシュ2500S

ライン:東レ スーパーハードスーパーフィネス 3ポンド

ルアー:PDL ECOスーパーシャッドシェイプ3インチ(0.9g JH)
次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。