山岡計文 Labo

2009年よりTOP50メンバーの山岡 計文が池原・七色ダムがある下北山村より湖の今をお伝えしていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テクナPMX

来週、いよいよフィッシングショー大阪が開幕しますが、一足早く自宅にテクナPMXが到着しました。

実は、フィッシングショーの前に急遽、七色ダムでの取材が入ってしまったので、展示するサンプルが私の所に。

もちろんフィッシングショーには、持参しますので皆さんご心配なく

NCM_0467.jpg

NCM_0466.jpg

昨年プロト段階から、凄まじい可能性を秘めてるブランクであることを感じていたPMX。

開発とプロスタッフが一体となり、ついに完成させることができました。

フィッシングショーでは、今年度発売されるモデルがすべて展示され、手に取って確認して頂けます。

自分が普段使用ているリール持参でロッドにセットし、そのフィーリングを感じていただくのもありですね。

2月2&3日はティムコブースでお待ちしておりますので、よろしくお願いします。

スポンサーサイト

サンタさんが我が家にも

この歳になると、クリスマスプレゼントなんて貰うこともなくなりますが、遠く山梨県からクリスマスプレゼントが・・・!!

K.T.F. アルファス ネオ

沢村サンタさんからのプレゼントです

NCM_0440.jpg

聞きなれない名前ですが、それもそのはず。

新素材のスプールとギアを身にまとったスペシャルチューンモデル。

これまで、アルファスフィネスのアドバンテージを身をもって体感してきましたが、そのポテンシャルでビッグベイトやヘビーウェイトな巻物が使用できたらどんなすごいリールができるのか。

アンダー150gのリールでヘビーなルアーが操れるのですから、その優位性は計り知れません。

そんな要望をK.T.F.沢村プロが実現してくれました。

問題だったラインキャパは、16ポンドが50m巻くことができ、更には新素材の5.8:1のスペシャルギアが組み込まれたアルファス ネオ。

実は旧吉野川で開催されたクラシックで実戦投入していたのですが、そのフィーリングが本当に素晴らしく惚れこんでしまいました。

ジョイクロやハドルトラウトを難なくキャストし、チャターやディープクランクが楽々リーリングできてしまう。

そしてその巻心地は気持ち悪いくらいにスムーズ(笑)

沢村プロ、いつも本当にありがとうございます。

リールのアドバンテージを最大限に生かし、来年は結果でご恩返しができればと思います。

アルファス フィネス K.T.F.チューン

来月9月中、ベイトフィネスに新たな革命が・・・!!

私もサポートして頂いている、TOP50沢村プロが作り出した現時点では最強のフィネスコンセプトリール。

アルファスフィネス K.T.F.チューンが、第二世代へとバージョンUPしついに登場します。

13456349728820.jpg

実は、こっそりと私もTOP50檜原湖戦以降導入済みでした。

一見変化の無いように見える外観ですが、実はその中身は全くの別物。

今年の3月、横浜フィッシングショーの開場前にキャストさせてもらった時の衝撃が今でも忘れられません。

沢村プロがダイワの開発に加わり完成したAIRブレーキシステムをアルファスフィネスに搭載。

これまでマグネットブレーキの弱点であった低回転時のブレーキフィーリングが、低回転時にはフリー、高回転時にのみ効力を発揮するという、まさに史上最強のブレーキシステムが搭載されます。

ピッチングからフルキャストまで、同じブレーキセッティングでどちらにも対応してくれ、初心者からトッププロまで関係なくベイトフィネスが扱える、現時点では究極のリールに仕上がっています。

ちなみに、中々購入することができない事で有名になっているK.T.Fチューンドリールですが、沢村プロに直接電話で伺ったところ、供給数が大幅に上がっているため、今まで以上に購入しやすいとのこと。

是非一度、このリールを体感してみてください。

沢村プロが提唱するベイトフィネスの世界を実感して頂けるはずです。

サイトマスター NEWモデル

フィッシングショーで気になった商品をご紹介します。

今年、新たに発売されるサイトマスターINTEGRAL(インテグラル)

511_0.jpg

見た目には、私がメインに使用しているウルティモのテイストを受け継いでいるのですが、中身は全くの別物です。

なんといっても特筆すべき点は、βチタン製の蝶番の採用

7751101_op.jpg

ウルティモの場合、人によっては横の締め付けが強く感じてしまう事もあったのですが、このインテグラルでは誰がかけても抜群のフィット感が得られます。

実際、プロトモデルをテストさせてもらっていたのですが、まさに究極のかけ心地。

また、テンプル自体にチタン製の心棒が入っていることで、テンプル先端部を自在に曲げることが可能となり、人それぞれの耳の裏に確実にフィットさせることができ、別次元のフィット感を感じることができます。

私もメインの偏光グラスとして導入していこうと考えています。

ぜひ一度、インテグラルのフィット感を体感してみてください。

テストサンプル到着

ティムコ開発室から、来年度モデルとなるロッドのサンプルが到着。

スーパーテクナ(ベイトフィネス)とエナジー(スピニング)が送られてきました。

IMGP0801.jpg

特にエナジーのスピニングモデルは、私の最も得意とする釣りに最適なモデル!!

テストにも自ずと気合が入ります。

ホームレイクの池原&七色ダムや、トーナメントの実戦で納得がいくまでテストし、最高のロッドに仕上げたいと思います。

プロスタッフと全国のフィールドスタッフがテストし、ようやく製品となっていくフェンウィックジャパンモデル。

来年も間違いなく、注目を集めることになりそうです。
次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。