山岡計文 Labo

2009年よりTOP50メンバーの山岡 計文が池原・七色ダムがある下北山村より湖の今をお伝えしていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高滝ダム

20090326130142
プラ3日目にして始めての高滝バスです(泣)

今日は40アップを本気で狙ってみたいと思います。
スポンサーサイト

サプライズ

middle_1237547568.jpg


昨日、地元レンタルノート業者さんや先輩方のはからいで、僕のTOP50昇格の祝賀会を催して頂きました。

皆さん忙しい中、こんな私のために集まっていただき本当にありがとうございます。


祝賀会を開いて頂いただけでもうれしい驚きだったのですが、なんと更にこの日はもう一つのサプラズが用意されていました。

それは、僕にサプライズプレゼントが用意されていたのです。

そして何とその中身が、OMEGA SPEED MASTERという自分にはもったいなさすぎる品物だったのです。

middle_1237587593.jpg


プレゼントをその場で開けてみた瞬間、本当にびっくりしてしまいかたまってしまいました。

それから事の重大さに気づき、TOP50にむけて、より一層気合をいれ、時計に見合ったアングラーになれるよう身が引き締まる思いがしました。

今回のサプライズのおかげで、来週から行われる第一戦(高滝ダム)にむけて最高のモチベーションで望めることができます。

高滝では皆さんの期待に応えられるよう力を出し切って戦ってこようと思います。

この場をお借りし、本当にありがとうございました。





池原

20090320084252
今から久々の池原に出撃します。

はたして釣果は…?

アルミ改造中

今日は、来週行われるTOP50高滝戦にむけてチームメイト(TEAM MORE DEEP)のスーパーメカニック 大輔君がエレキ戦用のアルミを改造してくれました。

20090319170444.jpg

実は、不器用な私は今まで横着してエレキマウントがついているバウデッキのほんの僅かなスペースにペダルを置き無理やりなんちゃってハイデッキ状態で釣りをしていました。
(フロントのカーペットの色が濃い部分です)

傍から見ていると、それは窮屈で非常に危険に見えていたようで、それを見かねた大輔君が急遽デッキを延長してくれました。(笑)

ほんの1時間ほどで完成させてくれたのですがそのクオリティーの高さには脱帽です。

サイトを得意とする私にはこれ以上ない戦力アップになりました。

この恩に報いるため、高滝では全力を出し切って戦ってきたいと思います。

大輔君、Special Thanksです。


話題は変わって今日七色の湖面を覗いていたら岩の張り出し付近を50UPのスクールがシャローを次から次へと上流へ向けて通過していきました。

20090317170800_convert_20090319211620.jpg

画像ではほとんど分かりませんが中央付近に50UPが3匹ステイしています。

桜と共にバスも本格的に動き出しているようです。

明日からの3連休は良い釣果が期待できるのではないでしょうか?

明日は、池原に出撃予定なのでモンスターに出会えるようがんばってこようと思います。

開花宣言

今日、仕事の移動中何気に桜の木(ソメイヨシノ)を見てみると今にも開花してしまいそうな蕾がいっぱい!!

20090317170129.jpg

ダム沿いの桜の木だったのですが今日の暖かな気候に反応したのかいっきに春めいてきました。

開花はもうすぐかな、なんて思っていたらすでに咲いてる木を発見してしまいました。












20090317172514.jpg

もうそろそろ本格的な春が下北山村にも訪れそうです。

ピンスポトーナメント 続き

昨日、3匹しか釣れていなくて帰着寸前まで最後の悪あがきをしていたところ撮られてたみたいです(笑)

CAOHADRU_convert_20090316204710.jpg

昨日は本当にバスを見失ってしまい、かろうじて数少ないチャンスを物にできたような状態でした。

いつもなら午前中日に昇ってくるまでがバイトタイムだったのですが、昨日は急激な水温の低下のためか、日が昇ってからようやくバスを釣ることができました。

また、上がってくるバスの数も非常に少なく、どれだけ集中してバスにアプローチできるかがかぎとなりました。

ある程度プレッシャーがかかってしまうとバスがシャローにさしてくることもなくなってしまい、その後は何をやってもまったく魚の動きがわからなかったのが本当のところです。

そんな中でもビッグベイトに対する反応だけはすこぶる良かったようで、フィッシュアローの松本氏が60UPを朝一から西の川で仕留められていたようです。

その他にもバイトやチェイスが多数あったと言う事でしたのでバスはシャローカバーや肉眼では確認することができない3~5m付近で動き回ることなくじっとしていたと言うのが昨日の状態だったようです。

このような状況の場合ライトリグなどの釣りでは、バスの鼻先にルアーが行かない限り口を使ってくれないことがほとんどなのですが、ハドルトラウトやジョイクロなどのボリュームがあり一定層をゆっくり引いてこれるルアーがやる気は無いが体力のある大型のバスを寄せてきてくれる為有効になっていたようです。

また一つこの時期の引き出しを増やすことができたのが唯一の救いでした。

ピンスポトーナメント速報

今日はピンスポットトーナメント第3戦に参戦してきました。

急激な冷え込みにより朝の気温が-2℃となっておりボートの上は霜で真っ白になってしまい思うように歩くことすらできません。

相変わらず今回も上流にさして来ているであろう50UPをサイトで狙いに行きましたが、大又上流で水温が7~8℃台となっておりバスの姿はほとんど見ることができませんでした。

ついにはずしてしまう時が来たかと思いましたが、日が差し始め少しづつ暖かくなってくるに従いサンドバーに僅かですがバスがさしてきていたのでフラトリとハドルスイマー3インチのミドストで52cmを頭に3匹釣ることができました。

しかしその後が続かず結局3匹のままでのウェインとなりましたが、4120gで今回も優勝することができました。

CA1KUMHO_convert_20090315190713.jpg


ここ最近のチャプター及びショップ主催のトーナメント4試合すべてに優勝しており記録更新中なのですが、運を使い切ってしまっているようで不安な今日この頃です。

はたしてこの運は27日からのTOP50高滝戦まで持続してくれるのでしょうか?

複雑な心境です。

影武者

本日の下北山は午前中は雨、昼前から雨が上がった後は台風の時のような風と激荒れの一日となりました。

そんな訳で、今日はボートのメンテやエレキ戦に向けての準備を釣りに行かずに行っていました。

それでも釣りに出ているアングラーはいたようで夕方スロープ60に寄ってみたところ見覚えのある格好の人が。

発見しました。

僕の影武者です。(笑)

20090314180616.jpg

20090228131621.jpg


実は同じチーム MORE DEEPのメンバー城井氏でした。

いいサイズのバスをキャッチされていました。

明日はピンスポットトーナメント第3戦に参戦予定なのですがはたしてこの天候の激変にバスがどういった動きをみせるのか?

またまた見つけるのに苦労しそうな感じです。

タイトルなし

20090313130125
20090313130123
窓の外を見てみるといかにもな野池が二つ。

バスがいるかは分かりませんが気になって研修どころじゃありません(笑)

タイトルなし

20090313114227
今日は会社の研修会に参加しています。

そのため久々に下界に降りてきました。(笑)

普段買えない小物や新製品を釣具屋で補充していこうと思います。

撤収中

本日、仕事でT’s ONさんにお邪魔させてもらったところスロープで何やら作業をしている様子。

20090311171155.jpg

大規模な改修中かと思いましたが、聞いてみると最近七色を訪れた方ならわかると思うのですが大又中流で道路補修の為浮いていた大型クレーンを乗せていた桟橋を撤収中とのこと。

その浮力にも驚いたのですが、、もっとびっくりさせられたのはそのリース料金。

なんと3ヶ月で2000万円だそうです!!

超高級桟橋君でした。

これでチャプターの禁止エリアがひとつなくなりましたので早速チェックしてこようと思います。


高滝ダム2

20090309102808.jpg


本日、高滝でのプリプラを終えて無事、下北山に帰ってきました。

さすがに千葉は遠かったです。

こんな遠征を普段からこなしているワールドメンバーはやはり只者では無いと痛感させられます。

そんな中訪れた人生初の高滝ダムでしたが、自分にとって今まで釣りをしたことが無いタイプの湖でした。

本湖はほぼ全面護岸されており、深いなーと思うところで5mほどしかなく、ありえないような場所で座礁したりとある意味カルチャーショックを受けてしまいました。

その皿池のような本湖に予想以上に浅く長い川がくっついている感じで正直釣れそうだな~と思えたのは川筋のみでした。

しかし、リズムが合わないのかバスのポジションを読み違えているのか、自分にはバスの姿を見ることが出来ませんでした。

とりあえずこの2日間のプラで高滝の全体像はある程度つかめたので後は本番までに水温と水色をチェックしながら頭の中でプラを進めていこうと思います。

見えないながらにも未知の湖を攻略していくことにワクワクしながら準備をしていきたいと思います。

多分、今が一番面白い時期なんだと思います。

はたして本番はどうなることやら・・・。


高滝ダム

20090307113803
只今エリア最上流までやって来ました。

水はどこまで行ってもコーヒー牛乳色でした。

いつになったら釣れるのやら・‥(泣)

出発です

20090306194751
20090306194748
今から高滝行ってきま~す。

春の雨

20090306123629
只今の西ノ川の様子です。

昨日の晩から暖かい雨が降り続きいまだに激しく降っています。

明日は晴れのようですので池原・七色とも各バックウォーター付近では何か起こりそうなき気がしてなりません。

こんな時に限って高滝行きのため行けません(泣)

誰か代わりにお願いしま~す。

季節の後退

昨日は雪まじりの雨が一日中降り、今日も冷たい雨が降ったり止んだりの下北山村です。

その為気温も上がらず冷たい水が各バックウォーターから流れ込みせっかく浮いてきた魚がまた一段下に落ちてしまったようです。

三月に入りいよいよ爆発か?と思いましたが中々人間が思うように季節は進んでくれません。

毎週のように今週こそはとダムに通っていますが、それがいつ報われるのか?

頭の中ではいろんなアイデアやアイテムが思い浮かんでいるのですが、早く実践で試してみたいものです。

今週末は、TOP50のプリプラで高滝ダムに行ってこようと思っています。

まだまだ関東地方は春の気配が遠いようですが、自分の釣りが果たして通用するのか。

高滝でも一足早く動き出しているモンスターをひたすらに狙ってみたいと思います。




名脇役

今回は、日曜日の奈良チャプター第2戦で密かに活躍してくれた、私の釣りにとって重要な役目を果たしてくれるアイテムをご紹介したいと思います。

私が得意としている釣り、サイトフィッシングを行ううえでなくてはならないもの、それがこの偏光グラス
サイトマスター)です。

20090303191002.jpg

特に今回私にアドバンテージを与えてくれたのがスーパーライトグレーと言うレンズカラーでした。

普段ハイシーズンの七色なら私はイーズグリーンのレンズを多用しています。

これは七色独特のリザーバーなのにウィードが多く繁殖していることが多く関係しているのですが、ボトムにウィードがあることでイーズグリーンのレンズカラーがバスの背中を浮き上がらせて見せてくれるからです。

ただ今回はウィードの無い上流域の岩と砂がボトムを構成していたエリアだったのでスーパーライトグレーに活躍してもらいました。

可視光線透過34%と他のレンズに比べ明るい視界を得られることとライトグレーと言う非常にナチュラルに物を見ることが出来たおかげでかなり深いレンジを泳いでいたバスをいち早く発見し、さらに的確なアプローチを可能にしてくれました。

メインエリアとなった大又川上流域のクリアーな水色にマッチし5mラインまでの魚は泳いでいるレンジにあわせてルアーを送り込むことが出来ました。

多分これが今回のキッカーフィッシュをキャッチすることが出来た最大の要因ではないかと思います。

普段から釣行の際には常に持ち歩いておりますので興味のある方はぜひ声をかけてください。

その違いを体感してもらえると思います。

祝 2連覇

昨日行われた奈良チャプター第2戦(七色ダム)ですが、第1戦に続き優勝することが出来ました。

CAISQBG1_convert_20090302192250.jpg


私自身、チャプターでは初となる2連覇です。

日ごとにバスの動きが変わっていくこの時期、ほぼ毎週ダムに浮かびバスの行動にシンクロしようとパターンを捜していきましたが、やはりバスに振り回されるばかりで先日のピンスポットトーナメントの時のような爆発的釣果につながるような感触はつかむことが出来ませんでした。

かろうじて前日に行ったプラから、今まで反応が圧倒的に良かったグヘッドのミドストよりショートDSでのスイミングやボトムシェイクの方に反応してくることがわかりました。

それを頼りに今回はバスのサイズが他のエリアより二周りほどデカかった大又川筋中・上流域にこの時期ならではのモンスターを狙って入ることにしました。

当初、メインエリアは中流域にあるサンドバー下流のレイダウンと考えていましたが実際釣りを始めると前日ディープや下流からドンドン供給されていたバスの姿がまったく見かけられず、かろうじてショートDSでのスイミングに700㌘のバスが釣れたのみでした。

そこで前日の晩から朝まで雨が降っていたことを考慮しバスが上流を意識し移動したであろうと考え大岩があるストレッチまで移動することにしました。

この移動によりバスの動きにようやく追いついた形となり、非常にナーバスで警戒心の強いバスばかりでしたが55UP 2900㌘のモンスターをショートDSのボトムシェイクで釣り上げる事が出来ました。

CAOVLVID_convert_20090302192118.jpg


ただ、この釣り上げたバスがその他に見かけたバスの中では小さいサイズだった為、いったいその他のバスはどれくらいのサイズなのか・・・?

一応他にも口を使わせたモンスターは4匹ほどいたのですが、すべてスッッポ抜けに終わってしまい
目標としていた3本 4kgに到達することは出来ませんでした。

続く第3戦も七色で4月12日に行われます。

前人未到の奈良チャプ3連覇に向け自分にプレッシャーを掛けすべてを出し切りたいと思います。

タックルDATE

ロッド:フェンウィック GWT61SULJ
ライン:東レ スーパーハードドリフト 3lb
ルアー:ハイパーシャッド(リミットメイカー)
リグ : ショートDS 0.9g 

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。