山岡計文 Labo

2009年よりTOP50メンバーの山岡 計文が池原・七色ダムがある下北山村より湖の今をお伝えしていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良チャプター第三戦 (七色ダム)

昨日は、奈良チャプター第三戦が開催されました。

私も副会長として運営に携わっている奈良チャプター。

前回が延期となり、今回が振り替えの形でのトーナメントとなりました。

台風が接近していた今回、梅雨前線を刺激し、スタートから終了まで雨が降りっぱなしの一日でした。

あまりの雨に、今回は、釣果写真も撮り忘れる始末。

何とも寂しいブログですが、一応結果をご報告したいと思います。

結果から言ってしまうと、3位入賞。

今年、チャプターでの優勝がいまだに無い私にとっては、またしても中途半端な釣果となってしまいました。

トーナメント中に釣った数では、過去最高を記録した今回のトーナメント。

競技中に40本ものバスを釣り上げました。

普通ならこれに、キッカーサイズが何本か混じる予定でしたが、今回はコバスの活性が高すぎたようです。

エコスーパーシャッドシェイプ3インチとレインボーシャッドのマス針ノーシンカーにて、雨の中、水面に放置するだけという、不思議なパターンにたどり着きましたが、700gが限界の釣果でした。

大雨の際、サイトが出来なくなってからの釣りが今後の課題となりました。

更なる高みを目指し、よりいっそう技と感性を磨いていこうと思います。

7位・7位・3位と、最終戦(ティムコカップ)を残し暫定一位のポジションに残っています。

最終戦は、なんとしても優勝で締めくくりたいと思います。

スポンサーサイト

バスワールド7月号

創刊15周年号となったバスワールド7月号。

IMGP0743.jpg

遅れましたが、昨日発売となっています。

一年間の連載(リザーバー最前線)が決まっているバスワールドですが、今回の号にはサイトフィッシング特集としてさらなる掲載をしていただいています。

特集で8ページと連載で4ページ。

合計12ページにわたって、山岡計文が登場しています。

サイト特集では、これから有効となってくる水面系サイトについて七色ダムを舞台に。

また、連載の方では6月にメインパターンとなりえる「立ち木」について池原ダムを舞台に、掘り下げています。

IMGP0746.jpg

取材は、GW後半というハイプレッシャーな状況で行われましたが、逆にその有効性がご覧いただけると思います。

是非手にとってご覧ください。



D.I.Y

昨年、急ぎで適当に作った荷台&簡易ベットがボロボロになっていたので、今日は朝から二代目を製作しました。

不器用な私にとって、物を作るのは本当に苦手。

IMGP0014.jpg
(一代目は、足元スカスカな上に斜めに寝ないと足も伸ばせない失敗作でした


前のモデルは、アルミシートが破れてしまったり、足元が貧弱でグラグラしていた為、MORE DEEPメカニックの大輔くんにアドバイスと多大な協力をしていただき、見事完成しました。

今回はバージョンアップし、カーぺット使用に。

IMGP0713.jpg

見た目もすっきり&まっすぐ足を伸ばしても余裕のある設計に。

これで遠征時、ロングドライブの際の仮眠や車中泊が、より快適になりました。

人間やれば出来るものですね(笑)



フェンウィック・ベイトフィネス体験会 in 吉羽園

5月28(土)・29(日)の両日、現在バスフィッシングで、一番注目度の高いベイトフィネスの体験会が行われます。

現状、合計11本ものラインナップを誇るフェンウィックの全ラインナップを、フィールドで実際に試すことの出来るチャンスです。

・ENG64CULJ
・ENG67CULP+J
・ENG67CLP+J
・GWT63CLJ
・GWT64CLP+J
・GWT610CLP+J
・TAV-GP65CLJ
・TAV-GP69CULP+J
・TAV-GP69CLP+J
・TF-GP64CULJ
・S-TAV63CLJ

実際に触れることで、ベイトフィネスの有効性や必要性を体感していただける今回のイベント。

更に、KTFチューンのリールも用意されているみたいです。

フェンウィックとKTFの最強コンビ!!

益々、興味が湧いてきます。

BaitFinesse_20110418.jpg

開催地が埼玉県と、主に関東の方の対象にしたイベントですが、今後は是非、関西圏でも開催して欲しいイベントです。

ご都合が合う方は是非、吉羽園を訪れてみてください。

バスフィッシングの新しい扉が開けるはずです。


 開催場所:フィッシングエリア吉羽園(埼玉)
 実施日:5月28日(土) 体験時間 11:00~16:00)
     5月29日(日) 体験時間  8:00~13:00)
 参加費:無料(遊魚券は必要になりますので現地でお買い求めください)




5月21日 七色ガイド

群馬県からお越しの遠山さんご夫婦をゲストに、七色ダムをガイドさせてもらいました。

奥様がほぼ始めてのバスフィッシングということで、バスの個体数が多い七色ダムへと出船。

もちろんルアーは、発売から爆発的に釣れ続いているスーパーシャッドテール3インチ。

IMGP0705.jpg
IMGP0707.jpg

ノーシンカーのタダ引きで、あっさりと七色バスをゲットしていただきました。

IMGP0708.jpg
IMGP0710.jpg

日が昇りきるまでの間はスーパーシャッドテールで。

その後、日が昇った午後はストレートワームのネコリグで合計20本以上の釣果となりました。

遠山様、ありがとうございました。

少し遠すぎる距離ですが(笑)、またいつかお待ちしております。

次回はサイズアップできるよう、私自身、レベルアップしておきますね。

ご報告

先日来、ネット上で私が釣り禁止区域で岸釣りを行っており、JBやスポンサーからの、除名と引退を求める記述がなされていました。

私自身、子供のころより父親に連れて行ってもらったり、自分自身で釣行に赴いていたポイントの事のようです。

JB本部に対し、匿名であまりに悪意ある内容のメールが届いていたことから恐れを感じ、管理されている電源開発や周辺集落に迷惑がかかってはと、ブログにアップしていた画像を削除した次第です。

これまで約20年間、誰からも注意を受けたことが無く、地元でも安全に岸釣りができるポイントとして知られていましたが、今回の件を機会に、電源開発小森ダム担当者の山本様に直接お話を伺ってきました。

すると、やはり私が岸釣りを行っていたポイントは、釣り禁止区域では無いという回答を、正式に頂くことが出来ました。

しかしながら、管理されている電源開発としては、水位変動があるダム管理施設の近くということもあり、今後は釣りを自粛して欲しいとの要請も同時に承りました。

これまで、釣りが出来るものと思って行っていた場所ですが、今後は、電源開発様の要請に従い、釣りを自粛する次第です。

ネットで指摘をされていた方は、正式に電源開発の確認を取ることなく、ご自身の判断で私に対して悪意ある攻撃をされていたようです。

関係各位の皆様、ご心配頂きまして本当にありがとうございます。

山岡 計文は、バスフィッシングの楽しさを皆様に伝えていけるよう、今後も努力していきたいと思います。



掛布CUP

初開催となった津風呂湖での掛布CUP。

ゲストにミスタータイガース掛布さんを迎えての、大イベントとなりました。

参加者は総勢126名。

IMGP0704.jpg

そんな中、ゲストとして参加させてもらったのですが、なんと掛布さんと同船し、湖上に出ることに。

o0640048011230173713.jpg

イヤー、久々に本気で緊張してしまいました。

ところが、掛布さんはテレビで見たまんまの気さくで優しい方でした。

野球の話や、釣りに対してのお話など、釣果以上に楽しい時間をすごさせて頂きました。

中でも一番ビックリしたのが、掛布さんのキャスト制度の高さ。

満水状態で岸際がオーバーハングだらけの状況でしたが、キャストミスによる根掛りは皆無。

野球で鍛え上げた運送神経は、バスフィッシングにもかるーく対応なされていました。

逆に、緊張した私のほうがキャストミスを連発する始末(泣)

何とか掛布さんに釣っていただきたかったのですが、空気が読めないバスが私のルアーにバイト。

IMGP0697.jpg

1050gとナイスコンディションの良いバスでしたが、これが掛布さんにきていれば・・・。

IMGP0702.jpg

126名中釣って帰ってきたのが23名と、非常に厳しい状況でしたが、見事ビッグフィッシュを持ち帰った今回の上位3名。

今回の様子は5月19日発売の報知新聞さんで詳しく掲載されるようです。

非常に盛り上がった今回のイベント。

バスフィッシングの楽しみの幅が、より広がったイベントだったように思います。


今年初


明日開催される、掛布カップにゲストとして参加させてもらうため、今年初のエレキ戦用セットの用意です。

出船していた知人に状況を聞くと、フル満水の為、カバーの中にアプローチ出来ないような状態とのこと。

厳しい釣果になりそうですが、明日のイベントを全力で盛り上げようと思います。

今日も遠征


今日も下北山村を抜け出し、とある大きな湖に。

お仕事なのですが、めったに訪れない湖。

こっそり楽しみたいと思います。(笑)

二津野ダム

昨日のブログにも書きましたが、人生初の二津野ダムに行ってきました。

一日中、雨が降り続く中での厳しい釣行でしたが、二津野ダムを楽しむことが出来ました。

F1000449.jpg

F1000450.jpg

事前情報では、コバスが多く、サイズアップが中々難しいとの事でしたが、数&サイズ共に満足のいく釣果となりました。

池原や七色ダムと違い、現在でも人的プレッシャーが低く、バスたちも素直にルアーへ反応してくれる印象です。

道は酷いですが、自宅から1時間10分で到着できることが確認できたことから、今後も定期的に行ってみたいリザーバーに登録です。

まだまだ面白いフィールドが、紀伊半島にあることを実感した一日でした。

近そうで遠い、隣村


今日は、日本一大きな村、十津川村にある二津野ダムに来ています。

下北山村の隣村なんですが、その間の道は酷道と呼ばれる国道425号線。

結果、近そうで遠い隣村となっています。

そんな事もあり、二津野ダムは今回が初釣行。

今日は1日、初めてのリザーバーを楽しんでみます。

補充完了

ここ最近、ガイドでもプライベートでも、異次元のバイトを誘発してくれていたスーパーシャッドテール3インチ。

あまりの釣れっぷりに、初回ロットから送ってもらった分が、すでに品切れ状態に。

そこでティムコに無理を聞いてもらい、何とかスーパーシャッドテールを送っていただきました。

F1000444.jpg

局地的なものでしょうが、池原&七色ダムを訪れてくれる方のタックルBOXには、かなりの確立でスーパーシャッドテール3インチの姿が。

本当は、これから7月末ぐらいまでがメインのスーパーシャッドテール3インチ。

これからも異次元の釣果が期待できるはずです!!

5月8日 池原ガイド

今日は久々に池原ダムでのガイド。

前日にバスワールドの取材を池原で行っていた為、スムーズに釣りがスタートしました。

ゲストの長谷川さんのリクエストもあり、現在、爆釣中のスーパーシャッドテールのノーシンカーの釣りをマスターしていただきました。

IMGP0685.jpg

相変わらず、チェイスとバイトは無数にあり、釣果は余裕の二桁釣果。

更に、さすがは池原ダム。

IMGP0687.jpg

グッドサイズが混じってきます。

IMGP0688.jpg

このサイズが水面直下でバイトする瞬間は、興奮度MAX。

減水の為、異常なほど立ち木が多かったので、最大の50UPや45UPをミスしてしまいましたが、非常に楽しい釣りが展開できました。

長谷川様、本日は本当にありがとうございました。

是非、ご自身で出船された際に釣りまくってやってください。


既に春の爆発シーズンが到来した池原&七色ダム。
6月のガイド日程が決まりましたので、是非ご利用ください。
詳細日程については、プロフィール下の
からお確かめいただけます。
日本有数のリザーバーを是非一緒に攻略しましょう

5月ガイド可能日
16・17・22・23・24・25・26・27


6月ガイド可能日
13・16・17・20・21・22・23・24・26・27・28・29・30

5月4日 七色ガイド

4日もガイドで七色ダムへ出船しました。

ゲストは、前羽さんと菅さんのお二人。

今日もメインパターンは、スーパーシャッドテールのノーシンカー。

IMGP0684.jpg

ところが、昨日とは打て変わってバスのスイッチは完全オフモード。

チェイスやバイトはあるのですが、ショートバイトとすっぽ抜けに悩まされた一日でした。

IMGP0683.jpg

それでもサイトで最大48cmをゲット。

今後はキャパオーバー気味だったボートの数も減り安定した釣果が期待できるはず。

前羽さん、菅さん次回の釣行をお待ちしております。

今回は、本当にありがとうございました。


既に春の爆発シーズンが到来した七色ダム。
5月のガイド日程が決まりましたので、是非ご利用ください。
詳細日程については、プロフィール下の
からお確かめいただけます。
日本有数のリザーバーを是非一緒に攻略しましょう

5月ガイド可能日
8・16・2122・23・24・25・26・27


5月3日 七色ガイド

相変わらず水位は下がらず、フル満水状態の七色ダムでした。

すでに5日目を向かえた満水状態。

釣りづらい上に、まとまって降った雨の影響か、水質も日に日に悪くなっています。

そんな厳しい状況の七色ダムでしたが、何とか今日も釣果を上げることが出来ました。

ガイドゲストは京都府からおこしの柳さん。

もちろん今日もスーパーシャッドテールの釣れっぷりをゲストに体験していただきました。

IMGP0672.jpg

IMGP0673.jpg

アベレージが30cm後半

IMGP0680.jpg

IMGP0681.jpg

チェイスとバイトは無限大にあります。

ゲストだけで30本は水揚げされていました。

IMGP0675.jpg

やはりこのワーム、想像以上に凄まじいポテンシャルを秘めています。

何せ今日は、このGWで最も混雑していた状況。

プレッシャーと水質悪化の影響でほとんどの方が苦しむ中、この釣果です。

IMGP0679.jpg

ちなみに今回も私がやらかしてしまいました。

本日の最大魚が空気を読まずに果敢にバイト(笑)

柳さん、今日は本当にありがとうございました。

明日の七色もがんばってください。

期待してます。



既に春の爆発シーズンが到来した七色ダム。
5月のガイド日程が決まりましたので、是非ご利用ください。
詳細日程については、プロフィール下の
からお確かめいただけます。
日本有数のリザーバーを是非一緒に攻略しましょう

5月ガイド可能日
58・16・2122・23・24・25・26・27

今日の七色ダム

F1000436.jpg

今日も七色ダムはフル満水をキープしています。

多少の増水なら、バスがシャローヘ上がりやすいので良いのですが、ここまで水位が増えてしまうと釣りづらさだけが際立ちます。

明日はガイドで出船予定。

水位とピークを向かえるボートの多さを念頭に、釣りを組み立てていこうと思います。

こんな時に限って、朝、スロープに行くと減水してしまっていたりするんですが(笑)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。