山岡計文 Labo

2009年よりTOP50メンバーの山岡 計文が池原・七色ダムがある下北山村より湖の今をお伝えしていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JB津風呂湖 第4戦

少し遅れましたが、JB津風呂湖 最終戦を振り返ってみたいと思います。

台風の影響により順延となっていた為、変則的に土曜日開催となった今回のトーナメント。

前日プラでは、本命と思われていた入野の上流部のポイントに多くの選手の姿が。

私も少しチェックしてみましたが、周りの選手にケチョンケチョンにやられてしまい確信がつかめずに終了(笑)

その後、もう一つのBW、香束筋まで大移動しキーパーを2本。

正直、この2か所でしかバスを確認できなかった為、トーナメント当日は消去法で香束筋上流部を選択しました。

一番フライトなのに、途中で追い抜かれるのが腹立たしかったというのが本音ですが・・・

思っていたポイントに入れたので、そこからは忍耐のDS。

実は、一か所で粘り切り、リミットをそろえるというのが一番苦手なワタクシ。

今回は苦手を克服するため、あえて船団に挑む展開に挑戦しました。

そんな考えですから、やはりウェイトは伸び悩み、3本で814g。

NCM_0361.jpg

奇跡のキロフィッシュ頼みな展開ですから、ウェインしても負け試合モード。

それがまさかこんな展開になるとは・・・。

10410_20121020_142507.jpg

まさかの優勝です。

津風呂湖の怖さをあらためて実感しました(笑)

これで来年も出場せざるをえなくなってしまいました。

来年もJB津風呂&TOP50に参戦しますので、皆様よろしくお願いします。


使用タックル

ロッド:S-TAV61SLJ
リール:シマノ ヴァンキッシュ2500S
ライン:東レ スーパーハードスーパーフィネス 2.5ポンド
ルアー:アップラッシュ3.5インチ 1.8gDS

ロッド:TAV-GP65CLJ
リール:アルファスフィネスカスタム K.T.F.チューン
ライン:東レ ベイトキャスティングフィネス 7ポンド
ルアー:PDL ミニラバBFS 2.7g
スポンサーサイト

今日は津風呂湖に


台風の為、延期となっていたJB津風呂の最終戦が明日に迫りました。

日程の都合で初の土曜日開催。

そんな訳で、平日の前日プラクティスとなりました。

相変わらず厳しい状況の津風呂湖でしたが、何とかノンキーパーをゲット。

明日はキーパーに成長してくれている事を願います(笑)

TOP50 全日程終了

10月1日に下北山村を出発。

そしてようやく今日、無事に帰宅しました。

実は8日の夜中に一度帰ってきてはいるのですが、3時間だけ仮眠をとり琵琶湖で北プロとティムコ開発の鬼形氏と合流。

来年度モデルのテストを行ってきました。

それでようやく帰宅した次第です。

遅くなりましたが、TOP50最終戦の報告をさせてもらいたいと思います。

年間24位と、毎年ながらギリギリの状態で迎えた今回の霞水系戦。

残留もそうですが、年間20位までが出場することができるクラシック出場権の獲得もテーマのひとつでした。

直前のプラクティスが、荒れた天候の為できなかったに等しい今回のトーナメント。

初日はプリプラクティス時に反応の良かったポイントを中心に釣りを展開していきました。

プリプラの際には30度あった水温が22度まで下がっており、まったく釣れないことも予想されましたが、バス達は私のポイントに残っており、釣り方だけのアジャストで数を重ねることができました。

初日、5本 4685gでまさかの2位スタート。

10050_20121007_133540.jpg

水温が下がった影響でバス達のポジションが浮き気味となり、私の得意とする中層の釣りが炸裂。

ただ、今年は初日の成績が良くてもその後順位を落としていくことが多く、そのことが一瞬頭をよぎりましたが、これまでの経験を生かしその後のプランを修正。

2日目、まさかの鯉釣り師とのバッティングにより11位まで順位を落としてしまいましたが、最終日に捲ることができました。

10050_20121007_143206.jpg

毎年恒例となりつつある最終戦での追い上げ(笑)

今年も5位、お立ち台で締めくくることができました。

これで年間は12位まで浮上し、クラシックの権利も獲得。

今年2回目の旧吉野が舞台となります。

応援してくださった皆様、スポンサーならびに運営の方々、また、昨年からお世話になりっぱなしのハーツマリンの皆さん、本当にありがとうございました。

また来シーズンも宜しくお願いします。

前日プラ初日


朝から強風+雨という悲惨な状況でしたが、エリア限定でプラクティスに出船。

北浦方面がかなり荒れていたので、下流にあるハーツマリンさんからの出船は正確でした。

本当はプリプラからの状況変化を確認したかったのですが、天候には逆らえません。

とりあえずバスの顔は見ること出来たので良しとしましょう。

明日は更にあれる予報なので、慎重に判断したいと思います。

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。