山岡計文 Labo

2009年よりTOP50メンバーの山岡 計文が池原・七色ダムがある下北山村より湖の今をお伝えしていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無事、終了しました。

<%title>
名古屋バスフェスタ2013、大盛況のうちに終了しました。

ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。

年々盛り上がりを増すバスフェスタ。

来年が今から楽しみです。

NCM_0527.jpg

ただ私の方はというとホッとしたのもつかの間、今週末は横浜で国際フィッシングショー2013が開幕します。

今年は亀山ダムで予定されている取材の為、車で会場入り。

22日(金)の早朝に下北山村を出発し、お昼過ぎには到着する予定です。

23・24日は、朝からティムコブースに常駐しておりますので、関東の皆様よろしくお願いします。

既にティムコHP内には、フィッシングショー特設サイトが開設されています。

新製品情報やセミナーの予定が確認して頂けるので、横浜にお越しの際には、事前にご確認して頂ければと思います。
<%url>
スポンサーサイト

名古屋バスフェスタ2013

明後日から開催される名古屋バスフェスタ2013。





私も土曜日から2日間、ティムコブースに常駐させてもらいます。

今年のティムコブースは例年以上にブースを充実。

大阪や横浜と遜色ない展示となっています。

新製品のテクナPMXを筆頭に、新しく加わったアイアンホークフックセッター。

こちらも定価3万円台のロッドとは思えないクオリティーの高さ。

その他にもNEWルアーやサイトマスターの新作など見どころ満載のティムコブース。

プロスタッフでは、沢村プロ&平村プロに私の3名が参加。

皆さんのご来場、お待ちしてます。




尚、今年はK.T.F.チューンドリールもティムコブースに出展される模様。

まだ一般には公開されていないアルファスネオもお披露目みたいです。

こちらもすごく気になります!!

チャプター奈良第3戦 ピュアフィッシングジャパンCUP 

バタバタしていて今回は告知もしていませんでしたが、3月10日(日)無事にチャプター奈良第3戦 ピュアフィッシングジャパンCUPが終了しました。

39名の参加者の皆さんが集まってくださり、ようやく春へと動き出した七色ダムが舞台。

正直、今回はビッグウェイトを持ち帰ろうと、ヤル気満々でトーナメントに臨んだのですが、春の七色ダムは私に試練を与えてくれました(泣)

チャプター開催直前に、開発させてもらったスーパーリビングフィッシュ3&4インチが正式にエコ認定ワームとなり、状況とタックルがようやくリンクするであろうトーナメント。

スーパーリビングフィッシュでやり切り、ぶっちぎりの優勝なんて夢を見ていましたが、見事に玉砕。

最悪のノーフィッシュ!!

JB・NBCのHPで確認したところ、奈良チャプターで最後にノーフィッシュをやらかしたのが2007年の3月。

実に、6年ぶりとなるノーフィッシュで帰着することになってしまいました。

正直、チャプターに対しての準備もできていないにもかかわらず、スーパーリビングフィッシュで何とかなるだろうという甘い考えのもと、トーナメントに臨んだのがそもそもの間違い。

TOP50開幕前に、もう一度自分を見つめなおすいい機会になりました。

年間成績も5位まで落ちてしまいましたが、1位とは僅差の状態。

最終戦となるティムコCUPが、俄然、面白くなってきました。

img20130311195739776_convert_20130313000327.jpg

お立ち台の方々、悔しいですが本当におめでとうございます。

次回、最終戦は年間タイトル奪取に向け、全力で勝ちに行きます!!

NEW BOAT

今年から新たな相棒となるレンジャーZ119。

エンジンにはヤマハSHO225、更にはパワーポールブレイド10フィート×2を搭載。

レンジャー正規代理店のFUSION様のサポートで、今年度のトーナメントをコイツと戦い抜きます。

NCM_0519.jpg

もちろんラッピングは、フェンウィック。

私がこれまで乗ってきたボートと同様、レッドカラーをテーマに、デザイン&施工をポージィサインアートさんに依頼しました。

情熱のレッドに羽ばたく翼。

私の理想を完璧に再現して頂いています。

これはフロントから見たイメージ
NCM_0522.jpg

更にリアから見たイメージ
NCM_0520.jpg

見る角度によっても違ったイメージとなるZ119。

このボートに恥じないよう、今年も全力でトーナメントに挑戦します。

琵琶湖に行ってきました!!

実は、かなり苦手意識の強いマザーレイク琵琶湖。

プロアングラーとしては、苦手なだけでは済まされないので(笑)修行に行ってきました。

今回お世話になったのは、昔からお世話になっっており、ほとんどの方が繋がりを不思議がるイマカツスタッフの南一貴プロ。

実は、マスターズ時代には同じ部屋に泊まらせてもらったり、野尻湖まで乗せていってもらったりと、私のトーナメント人生においてのお兄ちゃん的存在。

ROUTE 373ブログで絶好調な釣果を見ていたので、現在の琵琶湖の釣りを教えてもらいに行ってきました。

NCM_0510.jpg

さすがお兄ちゃん!!見事な56cmを釣らせてもらいました。

もちろん、私の得意とするミドストも投入しましたが、こちらもスーパーリビングフィッシュ4インチでアッサリ40UP。

NCM_0512.jpg

NCM_0513.jpg

クリウォータやリザーバーでの釣果は折り紙つきのスーパーリビングフィッシュですが、あまりイメージのない琵琶湖でも、その食わせに特化したフラッシングとアクションが有効であることが確認できました。

スーパーリビングフィッシュは、私が本気で釣るためにデザインさせてもらった最初のルアー。

今年の春は、スーパーリビングフィッシュがそのポテンシャルをはっきしてくれるはずです。

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。