山岡計文 Labo

2009年よりTOP50メンバーの山岡 計文が池原・七色ダムがある下北山村より湖の今をお伝えしていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

津風呂湖チャプター

昨日は、今年から発足した新チャプター。

NBC 津風呂湖チャプターに参加させてもらいました。

前日が七色でのガイドだった為、当日ぶっつけ本番でのトーナメント参加でした。

到着してみて、まず始めに目に入ってきたのがフル満水状態の湖面。

一面オーバーハングというよりは、木とブッシュのカバーだらけで、岸際までルアーを送り込むことは至難の技。

一つ一つ撃っていては、時間がいくらあっても足りません。

そこで、カバーの下にサスペンドしているバスや、沖目を回遊しているであろうアフタースポーンのバスをトップウォータプラグ(チューンドスーパースプークjr)で手早くチェックしていく方法でバスを探し、フォローでステルスペッパー&グロッキーを投入する戦略をとりました。

しかしながら、今年の津風呂はそう甘くは無く、バイトチャンスは何度かあったものの、それを物に出来ず、帰着20分前までノーフィッシュ。

それでもあきらめず、プラグを信じてキャストし続けた結果、最後にドラマはおきました。


IMGP0194.jpg

沖の中層から引っ張り上げた、アフターの50UP。

45cmほどのバスが食う直前でターンした後に、突然、さらに下から浮上し丸呑みに。

食わせたルアーは、先日ご紹介した、TOP50 北 大祐の秘密兵器。

ティムコ ステルスペッパー
F1000094.jpg

やはりこのプラグ、只者ではありません。

もう少しで皆様の手に届くはずですので、ぜひ店頭でご覧ください。

これまでとは違った、新たな食わせのプラッキングが体感できるはずです。

成績こそ11位とふるいませんでしたが、非常に多くの収穫があった津風呂湖でした。

結果に結び付けられるよう、さらに突き詰めたいと思います。



池原ダム&七色ダムにおいてガイドサービスをスタートしました。
ガイドでは、その誰にも負けない経験値と釣果を、またTOP50を初めとしたトーナメントで培ったテクニックを少しでも池原・七色を訪れて下さる方々にお伝えできればと考えております。

詳細日程については、プロフィール下の
からお確かめいただけます。
7月分のガイド可能日を追加しましたのでご覧ください。
日本有数のリザーバーを是非一緒に攻略しましょう
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanabass.blog97.fc2.com/tb.php/354-e90c5479
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。