山岡計文 Labo

2009年よりTOP50メンバーの山岡 計文が池原・七色ダムがある下北山村より湖の今をお伝えしていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名脇役

今回は、日曜日の奈良チャプター第2戦で密かに活躍してくれた、私の釣りにとって重要な役目を果たしてくれるアイテムをご紹介したいと思います。

私が得意としている釣り、サイトフィッシングを行ううえでなくてはならないもの、それがこの偏光グラス
サイトマスター)です。

20090303191002.jpg

特に今回私にアドバンテージを与えてくれたのがスーパーライトグレーと言うレンズカラーでした。

普段ハイシーズンの七色なら私はイーズグリーンのレンズを多用しています。

これは七色独特のリザーバーなのにウィードが多く繁殖していることが多く関係しているのですが、ボトムにウィードがあることでイーズグリーンのレンズカラーがバスの背中を浮き上がらせて見せてくれるからです。

ただ今回はウィードの無い上流域の岩と砂がボトムを構成していたエリアだったのでスーパーライトグレーに活躍してもらいました。

可視光線透過34%と他のレンズに比べ明るい視界を得られることとライトグレーと言う非常にナチュラルに物を見ることが出来たおかげでかなり深いレンジを泳いでいたバスをいち早く発見し、さらに的確なアプローチを可能にしてくれました。

メインエリアとなった大又川上流域のクリアーな水色にマッチし5mラインまでの魚は泳いでいるレンジにあわせてルアーを送り込むことが出来ました。

多分これが今回のキッカーフィッシュをキャッチすることが出来た最大の要因ではないかと思います。

普段から釣行の際には常に持ち歩いておりますので興味のある方はぜひ声をかけてください。

その違いを体感してもらえると思います。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanabass.blog97.fc2.com/tb.php/39-9ba1e082
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。