山岡計文 Labo

2009年よりTOP50メンバーの山岡 計文が池原・七色ダムがある下北山村より湖の今をお伝えしていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ティムコ動画 パート15

本日、前回公開された動画の、もう一つの映像がアップされました。

こちらも新製品の気になるプラグ。

ノッキングペッパーを使っての、トップウォーターゲームを展開しています。

見所満載の動画に仕上がっていますが、最後のシーンは特に必見。

なんか最近、変な方向に行っている気が・・・(笑)

釣りに行きたくなる事、間違いなしの映像ですので、ぜひともご覧ください。




これからTOP50旧吉野川戦に向けて出発します。

結果が残せるよう、灼熱の旧吉を全力で攻略してきたいと思います。

それでは、いってきま~す
スポンサーサイト

コメント

動画拝見させていただきました。
山岡プロはステルスに67SULP+をお使いですね。GWT72SLP+ではなく57SULP+をあえて使っている意図を教えていただけませんか?ロングキャストなら7.2ftのほうが有利な気がしますが・・・グロッキーは72SLP+ですしますます気になります。お時間ありましたら教えてください。
TOP50でも動画のような楽しくなるような釣りで頑張ってください。
期待しています。

  • 2010/09/02(木) 01:14:27 |
  • URL |
  • TANAKA_A #-
  • [ 編集 ]

TANAKA_Aさん ご質問ありがとうございます。
ロングキャストを考えると72SLPで良いのですが、今回の選択には別の理由があります。
72SLPはもともとグロッキーのシングルフックをバスの堅い口に貫通させるために、硬く張りのある設計になっています。
この事がトリプルフックで掛かりが浅い場合に、口切れによるバラシにつながります。
またステルスに使用するフックが、掛かりを重視するため細軸の物ですので、フックが伸びてしまうケースが増えていきます。
そういった問題点をクリアするために、長さがあり、よりしなやかで粘りがあるブランクスを使った、67SULPを選択しました。
この選択がベストであるかどうかは分かりませんが、私なりにフェンウィックのラインナップから理想に近いモデルを選んだ次第です。
これでなければならないという物でもありませんので、状況やポイントに合わせて自分なりのセッティングで攻めるのも面白いかもしれません。

  • 2010/09/02(木) 19:35:30 |
  • URL |
  • 山岡labo #-
  • [ 編集 ]

わかりやすくて詳細な説明ありがとうございます。
さすがTOPプロですね。
かなり深い理由があり驚きました。
当方長野県でスモールマウスを基本に釣りをしており説明いただいた内容はもっとも気をつけるべき内容のひとつになると思います。
現時点で山岡プロが最適と判断した67ULP+が大変気になります。
でもGWT72LP+はカッコイイですね。
お金があれば両方・・・となりますが貧乏サラリーマンにはむりです。
ゆっくり選んでみようと思います。
今日からの本戦頑張ってください。
野生の戦いに期待しております。
丁寧に説明していただいて山岡プロの大ファンになってしまいました。
来年も(再来年?)野尻のスーパー2デイズが開催されたら是非いらしてください。蜂蜜もって・・・

ありがとうございました。失礼します。

  • 2010/09/03(金) 06:49:13 |
  • URL |
  • TANAKA_A #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanabass.blog97.fc2.com/tb.php/425-b39b95ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。