山岡計文 Labo

2009年よりTOP50メンバーの山岡 計文が池原・七色ダムがある下北山村より湖の今をお伝えしていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厳しかった池原

先週のガイドの結果ですが、非常に厳しい池原ダムでした。

冬場のディープの釣りをと、シーズなるにガイドを受けていただいている佐藤さんをゲストに迎えての釣行。

今年は、いまだ水温が14度台とウィンターパターンとはまだほど遠い状況ですが、進む季節を想定しながらディープの釣りを展開していきました。

ディープというとライトリグなイメージがありますが、意外に私は秋から冬のディープ攻略には8割以上、ベイトタックルでの速い展開の釣りを行います。

ただでさえバイトが減っていく冬場。

ライトリグだと10~18mといったレンジにルアーを送り込むだけで相当な時間を消費させられてしまいます。

さらにそこからゆっくりとしたアクションとなると、釣れないポイントでも多くの時間を費やす結果となってしまいます。

そこで、バスが一か所に集中しやすいディープでは、重めのシンカーを使用したTXやヘビーDS、メタルジグといったリグやルアーが活躍してくれます。

テンポよくより多くのエリアやポイントを探り、スクールの中で反応のいい魚を狙いバイトを得る。

バイトや釣り上げることができた場合のみより丁寧に、最終的にはライトリグを投入しディープレンジのバスを攻略しています。

IMGP0936.jpg

IMGP0939.jpg

その釣りに、タイムリーにはまっているのが前にもふれたPDLのプロトワーム。

今回もプロトワームでのTXを中心にバスを探っていきましたが、この日はなぜかショートバイトが連発。

ギルのような細かいバイトがあった後、すぐにワームを吐き出してしまいます。

たまにある、強めのバイトをスプールをフリーにし、送り込んでからフッキングしてもリボン状にフックポイントをかくしてすっぽ抜ける始末。

これまで続いていた池原50UP記録もついに途絶えてしまいました。

佐藤様、寒い中本当にありがとうございました。

今回の釣りは、間違いなく今後につながっていきますので冬のバスフィッシングも楽しんでくださいね。

残すはプリスポーン時のフラッシングミドスト。

またのお越しをお待ちしております。



まだまだオフシーズンとは程遠い池原&七色ダム
12月のガイド日程が決まりましたので、是非ご利用ください。
詳細日程については、プロフィール下の
からお確かめいただけます。
日本有数のリザーバーを是非一緒に攻略しましょう

12月ガイド可能日
14・15・16・17・19・20・21・22・23・26

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanabass.blog97.fc2.com/tb.php/627-bd0daa33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。