山岡計文 Labo

2009年よりTOP50メンバーの山岡 計文が池原・七色ダムがある下北山村より湖の今をお伝えしていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JB津風呂 第3戦

JB津風呂 第3戦 サンラインCUPが終了しました。

前日プラでは良い魚を確認していたのですが、今年の津風呂湖はそう簡単には攻略できません。

雨交じりの曇り空にバスの活性が少しでも上がる事を期待し、サイトとフィーディング場のランガンをメインパターンに選択。

サイトではエコスーパーシャッドシェイプ3インチのミドスト(0.9gJH)

フィーディングに上がってきたバスに対しては、ステルスペッパー70Sを近距離ではベイトフィネスタックル(TAV-TF64CUL)で、またロングキャスト用に(TAV-GP70SLP+)にPEラインの組み合わせで臨みました。

しかしながらクオリティーフィッシュにめぐり合うことは出来ず、無念の348g1本での帰着となってしまいました。

F1000514.jpg

今年の津風呂湖、自分は完全にバスの動きを見失ってしまっています。

残すは最終戦のみ。

出来る限り時間を作り、プリプラクティスに出ようと考えています。

なんとしてでも最終戦は優勝でJB津風呂を締めくくりたいと思います。


JB津風呂湖

昨日は、土砂崩れにより延期となっていたJB津風呂湖の振り替え戦が開催されました。

前回に引き続き、お立ち台を目指し津風呂湖に入りましたが状況はかなりヤバイ感じ。

水温は30度を超え、水位は満水状態。

単純に、が動いていない大き目の池といった感じです。

この状況で可能性を見出したのは、数少ない流入河川の一つ。

朝一からバックウォーターに入り、ビッグフィッシュを狙いましたがバスの気配はまったくありません。

この選択ミスから私のパターンは見事に崩壊。

立て直そうとバッテリーがなくなる寸前まで走り回りましたが、何をやってもこの日の津風呂湖は応えてくれませんでした。

結果、津風呂湖では昨年の開幕戦以来となるノーフィッシュ。

旭川ダム並みにまったく何も起こらなかったトーナメントでした。

残り2戦、優勝を目指し戦い抜きたいと思います。

JB津風呂 第1戦

土砂崩れの為、本来の開幕戦が延期になってしまい、実質今回がJB津風呂の開幕戦となりました。

満水時よりは、若干水位が低下し、岸際のブッシュやカバーも釣りやすくなっていた今回の津風呂湖。

前日プラクティスでは、アフター回復組みの回遊を狙おうと全域をチェックしましたが、どうもまだそこまで季節が進んでいない様子。

よくよく岸際を観察してみると、ペアリングしているバスがちらほらと見受けられました。

普段、面白くないとの単純な理由からネストの釣りをほとんどしていない私ですが、結果こそが全てのプロ戦。

今回の状況では、いかに大型のメスを釣ってこられるかが鍵となると確信し、15mの間に2箇所のネストがあり、そこに50UPのメスがロックしているポイントで、5・6年ぶりにネストのサイトをトーナメントで取り入れることにしました。

しかしながら、スタート後ポイントに到着してみると、ベッドからメスの姿は消えており、代わりに新たなネストが一つ増えていました。

結果的に目の前にあったネストの3匹をウェインし、3本 2394gで4位入賞という、全体的なローウェイトに助けられたお立ち台となりました。

F1000472.jpg

結果が重要なトーナメントですが、内容の無い釣りに不完全燃焼だった今回。

次回からは、自分でもワクワク・ドキドキできる釣りで、結果を残していきたいと思います。

掛布CUP

初開催となった津風呂湖での掛布CUP。

ゲストにミスタータイガース掛布さんを迎えての、大イベントとなりました。

参加者は総勢126名。

IMGP0704.jpg

そんな中、ゲストとして参加させてもらったのですが、なんと掛布さんと同船し、湖上に出ることに。

o0640048011230173713.jpg

イヤー、久々に本気で緊張してしまいました。

ところが、掛布さんはテレビで見たまんまの気さくで優しい方でした。

野球の話や、釣りに対してのお話など、釣果以上に楽しい時間をすごさせて頂きました。

中でも一番ビックリしたのが、掛布さんのキャスト制度の高さ。

満水状態で岸際がオーバーハングだらけの状況でしたが、キャストミスによる根掛りは皆無。

野球で鍛え上げた運送神経は、バスフィッシングにもかるーく対応なされていました。

逆に、緊張した私のほうがキャストミスを連発する始末(泣)

何とか掛布さんに釣っていただきたかったのですが、空気が読めないバスが私のルアーにバイト。

IMGP0697.jpg

1050gとナイスコンディションの良いバスでしたが、これが掛布さんにきていれば・・・。

IMGP0702.jpg

126名中釣って帰ってきたのが23名と、非常に厳しい状況でしたが、見事ビッグフィッシュを持ち帰った今回の上位3名。

今回の様子は5月19日発売の報知新聞さんで詳しく掲載されるようです。

非常に盛り上がった今回のイベント。

バスフィッシングの楽しみの幅が、より広がったイベントだったように思います。


ティムコムービー 津風呂湖編

今日、ティムコムービー内に先日撮影した津風呂湖での動画がUPされました。



秋の津風呂湖。

一筋縄ではいかないと思ってはいましたが、予想通り苦しめられる羽目になりました。

それでも、TOP50早明浦ダムで自分のものにしたベイトフィネスタックルを用いたマルチジグでのミドストが炸裂。

津風呂湖の、コンディションが良すぎるバスたちを釣り上げることができました。

ベイトフィネスの有効性と、得意とするリザーバーでの優位性を説明しているつもりです。

半分壊れかけていますが(笑)ぜひとも一度ご覧ください。

ジグミドストがイメージしやすくなるはずです!!



ようやく狙ってでかいバスをしとめる事ができるシーズンがやってまいりました。
11月のガイド可能日が決まりましたので、ぜひ一緒に池原&七色ダムを攻略しましょう。

詳細日程については、プロフィール下の
からお確かめいただけます。
日本有数のリザーバーを是非一緒に攻略しましょう


11月ガイド可能日
67・8・9・12・1314・15・16・17・18・19・20・22・23・24・25・26・2728・29・30

前のページ 次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。