山岡計文 Labo

2009年よりTOP50メンバーの山岡 計文が池原・七色ダムがある下北山村より湖の今をお伝えしていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP50第2戦を終えて

ほぼ初めてのフィールドである福岡県遠賀川。

そのため長期間のプラクティスを行いTOP50第2戦に臨んだのですが、結果は惨敗に終わってしまいました。

振り返ってみると、過去最高ともいえる時間を魚探掛けにさき、フィールドを把握することに専念。

そのうえでここぞというポイントを釣りこんでいき、たどり着いたのがヘビキャロとバイブレーションという、これまでの自分のイメージとは全く異なる釣り(笑)

明らかに下流域のバスのコンディションが良かったため、1日3本のキロアップを目標に下流域にあるスポットをランガンしていきました。

釣り方はハードボトムで傾斜のきついブレイクをアップヒルでヘビキャロを通すのと、シャローに存在する岩やゴロタといったこちらもハードボトムでのバイブレーション。

ヘビキャロは、とにかくボトムから離さないようアップヒルにズル引きすることで、ブレイクの途中にある高さのある岩やエグレに潜むバス狙い。

バイブレーションは、わざと岩やゴロタにヒットさせリアクションでバスにバイトさせる戦略でした。

NCM_0663.jpg

予想通り釣れればグッドサイズなバスだったわけですが、初日の朝に釣ったこのバスが唯一ウェインできたバスとなってしまいました。

今振り返って見ると反省点だらけで、釣り方の安易さやポイント移動のタイミングなど上位に入った選手に比べると子供のような釣りを展開してしまったことに気づかされます。

中でも完全優勝といっていい勝ち方をされた沢村プロの釣りは一人だけ異次元であり、本当の強さとはこういうものだというのを改めて実感することができました。

今回は、最終45位とかろうじて点数がもらえる順位に踏みとどまってくれたのが救いではありました。

第2戦を終えて年間は30位とまさに崖っぷちな状況。

残り3戦、できることはすべてやり何としてでも結果を残したいと思います。

NCM_0678.jpg

ヘビキャロ用タックル

ロッド:PMX70CMJ
リール:アルファスネオ(K.T.F.チューン)
ライン:東レ プレミアムプラスハイグレード 12ポンド
ルアー:パワーホッグ3インチ シンカーは7g リーダーの長さは30cm

ロッド:TAV-GP74CMJ
リール:アルファスネオ(K.T.F.チューン)
ライン:東レ プレミアムプラスハイグレード 14ポンド
ルアー:ベイトフィネスクロー シンカーは10g リーダーの長さは70cm


・バイブレーション用タックル

ロッド:TF-GP64CMJ
リール:アルファスネオ(K.T.F.チューン)
ライン:東レ プレミアムプラスハイグレード 13ポンド


NCM_0679.jpg

ちなみにキャロで使用するワームは、コンパクトで姿勢が安定し、なおかつ細めのカーリーが付いたベイトフィネスクローへの反応が圧倒的によく、今回のメインルアーとして使用していました。

5月11日 七色ガイド

1日中、雨に降られた七色ダム。

前回、レジェンドリーチのプロトでバスを連発してもらった大友さんが今回のゲスト。

前日、雨が降り始めてからバスの活性が上がり、スーパーシャッドテールが炸裂したため、今回はそのパターンをさらに追及。

NCM_0629.jpg

NCM_0632.jpg

NCM_0633.jpg

やはり今回もバスからの反応はすさまじかったです!!

雨が一向に止まなかった為、写真にはおさめられていませんが今年一番の釣果は間違いなし。

二人で何本釣ったのかな・・・

大友さん、びしょ濡れになりながらの一日、お疲れ様でした。

久々に釣りすぎて疲れた1日でしたね。

5月10日 七色ガイド

午後から天気が崩れる予報の中、いつもは池原でガイドを申し込んで下さっている兵庫の東さんと初めての七色ダム。

案の定、午前中は苦戦を強いられましたが、雨が降り出した午後から久々に七色ダムが爆発!!

NCM_0627.jpg

NCM_0625.jpg

NCM_0623.jpg

NCM_0624.jpg

スパーシャッドテール3インチのノーシンカーで40UPが連発。

NCM_0621.jpg

私もスーパーリビングフィッシュ4インチのピクピクなどで相変わらずのKYフィッシュ(笑)

ここにきてようやくバス達が動き始めたみたいです。

東さん、悪天候の中ありがとうございました。

次はどっち出船しましょうか?

GWガイド 後半戦

前半こそ好調だったGW期間中のガイドですが、後半に入ってかなりの苦戦をしいられる展開となりました。

中でも池原ダムの状況は回復することなく、相変わらず連日の減水とそれによる濁り。

ボートを桟橋に置きっぱなしにしてあるので何とか出船できましたが、いよいよ大きなボートは下ろすことができない水位に突入しつつあります。

そんな池原を象徴するような一枚。

関東から来てくれた吉川兄弟ですが、仲よくダブルヒットしたのはこのサイズ(泣)
NCM_0607.jpg

逆に七色ダムでは、数こそ出ませんでしたが50UPが2本なんていう日もありました。

4日、前場さんが北山川上流部にて50UP
NCM_0616.jpg

同じく菅さんが、こちらも北山川で50UP
NCM_0611.jpg

そして最終5日の1枚。
NCM_0618.jpg

先週も来てくれた山寺&安達コンビとの池原ダムでしたが、唯一の釣果を私が釣ってしまいいつものKYフィッシュ。

写真がないだけで、GW中にKYフィッシュを連発してしまいました。

ゲストの皆様、本当に申し訳ありません。

連日のガイドはひと段落したのですが、8・9日は七色ダムで取材の予定。

その後、ガイドをこなしてからは遠賀川へとプリプラクティスに旅立つ予定です。

4月も過酷でしたが、5月も過酷な日々は続いていきそうです

4月27日 池原ガイド

今日はフィールドを移動し池原ダムでのガイド。

山寺&安達コンビを迎えてのガイドでしたが・・・。

NCM_0602.jpg

やはり池原ダムは相変わらず厳しい状況。

ただ、水位がようやく安定してきた影響か、バイト数は圧倒的に増えてきました。

写真が一枚しかないのは、KYガイドが今日も本領発揮してしまった為(笑)

それでも船中5本の釣果と、本来の状況とはかけ離れた池原ダムに翻弄されっぱなしです。

本日はありがとうございました。

来週もお待ちしております
前のページ 次のページ

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。